iOS 15.6、Apple MusicをDockに自動的に配置するバグを修正

iPhoneにアプリを再インストールした後、iOS 15では、Apple MusicがDockに自動的に追加されます。他のアプリがすでに存在している場合でも同様です。今週開発者にリリースされたiOS15.6ベータ2で、そのバグはついに修正されました。

YouTuberのAaron Zolloが指摘しているように、iOS 15.6は、何らかの理由でユーザーがアプリを再インストールした場合に、Apple MusicをDockに自動的に配置しなくなりました。アップデートにより、他の通常のアプリと同じように、Musicアプリのアイコンがホーム画面の最後のページに表示されます。

しかし、おそらく、ユーザーがMusicやDockにデフォルトで付属している他のアプリを削除して再インストールすることは少ないので、実害はあまりないバグと言えるでしょう。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年6月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。