脱獄アプリストア、Cydiaは新訴訟で復活できるか??

米国の裁判官は、2022年5月27日、Cydia存続の問題が時効の範囲外ではないというAppleの主張を却下した後、サードパーティのアプリストアCydiaがAppleに対する独占禁止法の訴訟を提起することを許可しました。

2022年1月、米国の地区裁判官イボンヌゴンザレスロジャースは、脱獄に焦点を当てたAppStoreによって提起された訴訟を却下するという Appleの申し立てを認めました。

Appleは、訴状が連邦独占禁止法で認められている4年間の期間外であったとして、訴訟の却下を申請しました。しかし、彼女はまた、Cydiaの作成者であるジェイ・フリーマン氏の訴訟を修正するための機会を与えました。

ロイターが指摘したように、木曜日に、ゴンザレス・ロジャース裁判官はフリーマンの主張に賛成する判決を下しました。彼女は最初の訴訟の主張が時効の範囲外であることに気づきましたが、Cydiaの修正された訴訟は、Appleが20118と2021に行ったiOSの更新はCydiaのようなiOSアプリディストリビューターに害を及ぼすようにされたと主張しました。

ゴンザレス・ロジャース裁判官は、判決の中で、「原告の主張が、Cydiaを完全に機能させることができないようにするためにAppleの技術的更新に依存している限り、それらの主張は時宜を得ている」と述べますた。

2020年12月に最初に提起されたCydiaの訴訟は、Appleがそれに対して独占的な立場をとったと主張しました。

Cydiaは、AppleがiOSでのアプリ配布を違法に管理しているため、シャットダウンを余儀なくされたと主張ししました。Cydiaは2018年に閉鎖しました。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年5月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。