Bloomberg:Appleの幹部は最近、拡張現実ヘッドセットを会社の取締役会でデモ、発売間近か?

BloombergのMarkGurmanからの新しいレポートによると、Appleは最近、次のAR/VRヘッドセットデバイスをAppleの取締役会にデモしました。これは、プロジェクトが「進んだ段階」にあり、製品の発売が差し迫っていることを示す兆候です。

Bloombergは以前、ヘッドセットの消費者向け発売が2023年に計画されていると報告しましたが、デバイスの早期発表が行われる可能性があります。

このレポートではまた、ヘッドセットのオペレーティングシステムの開発がここ数ヶ月で急増していると述べました。

Bloombergによると、Appleはヘッドセットで使用するコアiPhoneアプリの拡張現実バージョンと、「没入型コンテンツのストリーミングや仮想会議の開催などのタスクを処理する」新しいアプリに取り組んでいるということ。

ヘッドセットは、高解像度ディスプレイ、強力なチップ、および高度なセンサーを備えた、比較的かさばる高価なデバイスであると予想されます。以前のいくつかの報告では、ヘッドセットは$1000をはるかに超える価格で売られると予想していました。これは主に愛好家や開発者コミュニティを対象としている可能性があります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年5月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。