AppleがApple ParkビジターセンターでTap to Payを開始

AppleのTap to Pay機能は、1人のiPhoneユーザーが追加の機器なしで別のユーザーに支払うことを可能にし、Apple Parkのビジターセンターで使用されていることが実証されています。

Appleが2022年2月にTap toPay機能を発表したとき、それは年末までに来ると言われていましたが、米国企業だけに限定されていました。現在、アップルパークのビジターセンターに住んでいて、デモンストレーションが行われています。

Apple Parkがこの機能のサポートを開始した時期は明らかではありませんが、ビデオでは、Apple Storeの従業員がiPhoneを使用して顧客から支払いを受け取っている様子を示しています。顧客と従業員の両方が通常のiPhoneを使用していますが、スタッフがおなじみの「Isaac」支払いシステムの1つを持っているわけではありません。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年5月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。