iOS14.4.2の公開により、iOS14.4.1への署名発行(サイニング)を停止

iOS 14.4.1は、悪意を持って作成されたWebコンテンツがコードを実行できるようにするWebKitの脆弱性に対処するセキュリティアップデートでした。

iOS 14.4.2は、悪意を持って作成されたWebコンテンツの処理がユニバーサルクロスサイトスクリプティングにつながる可能性がある脆弱性に対処するセキュリティアップデートでもあります。

iOS 14.4.2は、人々がダウンロードできるiOSの現在の公開バージョンですが、Appleは、テスト目的で開発者と公開ベータテスターに​​iOS14.5も提供しています。iOS 14.5は、これまでの‌‌‌iOS 14‌‌‌の最大のアップデートの1つであり、Apple Watchでマスクを着用したときに‌‌iPhone‌‌のロックを解除する機能を導入し、Dual-SIM 5Gサポートを追加し、最新のゲームコントローラーとの互換性を導入します。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年4月3日 by M林檎

コメントを残す