iPhone 13のフロントガラスは、イヤピースがトップベゼルに再配置された小さなノッチ

ギリシャの修理業者iRepairが、iPhone 12のラインナップと同じ5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3つのディスプレイサイズで、iPhone13モデルの前面ガラスパネルの写真を提供しました。昨年iPhone12モデルで最初に噂されたが実現しなかったデザインの選択であるイヤピーススピーカーが上部ベゼルに移動した結果、各iPhoneのノッチは目に見えて小さくなっています。

著名アナリストのKuo氏ノッチのデザインは、2017年にiPhone Xでデビューして以来、変更されていません。今年ノッチを縮小した後、ppleがSamsungのGalaxy S21と同様に、少なくとも一部の2022 iPhoneモデルでホールパンチディスプレイデザインに切り替える予定であると述べました。その他の最近のスマートフォンに続いて、ノッチや穴のない真の全画面デザインのiPhoneと、2023年にはディスプレイ下の指紋スキャナーが続きます。

iPhone13モデルはiPhone12モデルと実質的に同じデザインであると予想され、Proモデルの120Hzディスプレイ、より大きなバッテリー、より高速なA15チップ、カメラの改良などの主要な新機能が噂されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年3月24日 by M林檎

コメントを残す