iPhone13、光学式インディスプレイ指紋センサーを搭載か?

The Wall Street JournalのJoanna Sternによると、Appleは、iPhone 13の画面内指紋技術に取り組んでいます。これは、Face IDと一緒に生体認証オプションとして利用できる機能です。Sternは、次世代iPhoneに組み込むことができるSamsung Galaxy S21の機能を紹介する記事でその考えを述べました。

これまでiPhone 13では、マスクをしたままでも生体認証できるTouch IDの搭載が噂されています。
Stern氏によると、超音波ソリューションよりも「信頼性が高い」画面内指紋読み取り用の光学センサーを使用していると述べています。

光学式インディスプレイ指紋センサーは光を使用して動作します。このテクノロジーを採用したAndroidスマートフォンでは、指を置いて光を当てる場所に指紋アイコンが画面に表示され、カメラが指の画像を作成します。 しかし、光学センサーは2D画像を使用しているため、簡単に破られる可能性があります。

超音波指紋センサーは新しいテクノロジーであり、小さな音波を使用して指紋の3Dマップを作成します。これは、簡単に破ることのできない、より安全なソリューションであり、指が濡れているときにうまく機能します。ただし、超音波指紋検知技術ははるかに高価です。

AppleがiPhone、iPad、およびMacで使用している「TouchID」ホームボタンは容量性です。静電容量センサーは、一連の小さなコンデンサを使用して、まっすぐな指紋画像を使用していないため、だましにくい指紋データマップを作成します。

Sternは、彼女の情報源によると、Appleが採用することを決定したソリューションは、現在の「Touch ID」ホームボタンのセキュリティ基準を満たす必要があるため、機能が低下することはないと述べています。

「Touch ID」を「iPhone」に戻すことは、さまざまな状況で「iPhone」のロックを解除するためのより多くの認証オプションと、追加のセキュリティ層を提供するため、歓迎されます。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月30日 by M林檎