Apple Watch、異常な気象条件下で誤った高度測定値を表示する可能性

AppleWatch Series 6とAppleWatch SEは、リアルタイムの高度情報を提供する次世代の常時オン高度計を備えています。Appleによれば、更新された高度計はGPSと近くのWi-Fiネットワークからの情報を相互参照して、対地高度のわずかな変化でも1フィートの測定値まで上下に検出します。

ただし、ドイツの多くのApple Watchユーザーは、大幅に不正確な高度の読み取り値を受け取っています。多くのユーザーは、影響を受けたデバイスが過去に正しく機能していたにもかかわらず、高度が200〜300メートル高すぎると計算されたと報告しました。

Appleのドイツのサポートフォーラムのユーザーは、低気圧の期間、AppleWatchの高度計に誤った高度の測定値を与える原因になっていることを発見しました。気圧の変化が気圧高度計に影響を与えるのは正常ですが、問題は通常、海面での現在の気圧値への定期的な情報更新によって対処されます。ただし、Appleはユーザーが手動で高度計の情報更新を促すことを許可しておらず、AppleWatchが自動的に情報更新する頻度は不明です。

ドイツの一部のユーザーは、依然として不釣り合いに不正確な測定値を受け取っていると報告していますが、高度計の情報更新を促す唯一の方法は、AppleWatchとiPhoneを工場出荷時の状態にリセットすることであると報告しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月8日 by M林檎