元Appleエンジニア、M1 Macのパフォーマンスが10年前にどのように始まったかを説明

元AppleのカーネルエンジニアであるShac Ronは、長年にわたるAppleのARMチップでの作業についての情報を共有し、M1チップが非常に強力である理由についての見解をTwitterで示しました。

じれらのスレッドは、ARMではなくキャッシュのおかげでM1Macが印象的であるというツイートへの応答で開始されました。Shac Ronは反対し、その理由を共有しました。

Ronは、Appleが時代を先取りしていたことを示し、Appleの最初の64ビットARMチップであるA7がカスタム命令セットアーキテクチャ(ISA)で2013年に発売されたことを指摘しています。つまり、ARMがサードパーティに販売する準備ができた独自の「コアデザイン」ができる前に、ARM64はAppleによって誕生しました。

Ronは、Appleが2010年にARM64での作業を開始し、2013年に発売するまでに、QualcommとSamsungを不意を突かれたと強調しています。

より技術的な詳細に入ると、Ronは、ARMの進化に対するAppleの賭けは、「低クロックで超ワイドに」そして「非常にOoO」であったと言います。これは、Appleがますます多くのコアを使用し、より低いクロック速度で開始することを意味します(時間の経過とともに増加します)。

A7には約1.3GHzの2コアがありましたが、A14には最大2.99 GHzの6コアCPU、4コアGPU、および16コアニューラルエンジンが搭載されています。一方、M1 Macには、3.2GHzのクロック速度(4つの高効率と4つのパフォーマンス)を備えた8コアCPUと8コアGPU、および16コアニューラルエンジンが搭載されています。

高度にOoO(アウトオブオーダー)スーパースカラーアーキテクチャを採用することで、Appleはトランジスタが増え続けるチップを活用することができました(M1では160億!!)OoOを使用すると、フロントエンドの命令セットがバックエンドの実行から分離されます。そして、それはすべて、Appleが設計したカスタムARM ISA(ISA:Instruction Set Architecture)で可能でした。

まとめると、Ronは、信じられないほどのM1MacのパフォーマンスはARM ISAのおかげではなく、Appleが2010年に始めた革新的な作業のおかげでARM ISAが登場したと信じています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年1月6日 by M林檎