ミニLEDDisplayを搭載した新しい12.9インチiPadProは、2021年第1四半期発売に向けて準備中

Digitimesからの新しいレポートによると、Appleは、2021年にミニLEDディスプレイへの移行を開始することが広く予想されており、2021年の第1四半期にミニLEDディスプレイ技術を搭載した新しい12.9インチiPad Proを発売する可能性があります。

レポートは、ディスプレイとタッチパネルのサプライチェーンを多様化するためのアップルの取り組みに広く焦点を当てています。サプライヤーBOEはiPhoneラインナップにOLEDスクリーンを供給する承認を得たと報じられており、GISは「2021年第1四半期に発売」される予定のミニLEDを搭載した新しいiPad Pro用のタッチパネルを製造します。

興味深いのは、ミニLEDの移行が最初に12.9インチのiPad Proで始まることをこれまでのレポートが示し続けていることです。これは、11インチのiPad Proが当面LCDパネルを搭載することを示唆しています。

信頼できるAppleアナリストのMing-ChiKuoは、今月初めに、Appleが2021年にまったく新しいフォームファクターデザインの2つの新しいMacBook Proを発表し、どちらもミニLE​​Dパネルを搭載すると報告しました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年12月29日 by M林檎