M1 Mac、DisplayLinkの使用で、最大6台の外部ディスプレイを使用できることが判明(動画あり)

Appleの仕様書によれば、M1 MacBook AirとM1 MacBook Proは、60Hzで最大6Kの解像度で1つの外部ディスプレイを実行できます。M1 Mac miniはサンダーボルト介して接続されたと60Hzの最大4Kの解像度で一つのディスプレイ、もう一つのディスプレイは、はHDMI 2.0を介して接続し、60Hz6K解像度までの表示を実行することができます。

しかし、ユーチュバーのRuslan Tulupovによると、回避策を使用して、M1 Mac miniで最大6つの外部ディスプレイを実行し、MacBook AirおよびMacBook Proで5つの外部ディスプレイを実行できることを発見しました。これは、DisplayPortアダプターとDisplayLinkソフトウェアを使用して追加のディスプレイを駆動することで実現されます。M1 Macのポートがいっぱいになったら、DisplayPortアダプターを外部ドック経由で接続して、より多くのポートを提供する必要があります。

MacのThunderboltポートには、6つの4Kディスプレイをフル解像度で同時に実行するための帯域幅がないため、Tulupovは4Kから1080pの範囲の外部ディスプレイを組み合わせて使用​​しました。したがって、ユーザーは、解像度に関しては、外部ディスプレイの設定を選択する必要があります。

テストでは、Final Cut Proでのレンダリングと同時に、さまざまなディスプレイでフル解像度のビデオを実行したところ、Tulupovは、ドロップされるフレームが非常に少なく、パフォーマンスが「素晴らしい」ことを発見しました。MacBook Airを開閉すると、ディスプレイは期待どおりに動作し、セットアップは日常の使用には十分です。

Tulupovは、iPad用のSidecarを使用してこのセットアップをテストしあませんでしたが、外部ディスプレイに加えてSidecarを実行して、さらに多くの画面スペースを確保できる可能性があると述べました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年11月25日 by M林檎