Twitter、誤解を招くTweetにラベル付けをし、そのTweetをリツイートしようするユーザーに警告!

Twitterは、フェイクニュースや誤解を招くコンテンツに対してますます厳しく対応しています。

今年の米国大統領選挙中に、ソーシャルネットワークは誤解を招くコンテンツを含むツイートにいくつかの新しいラベルを導入し、ラベル付きのツイートをリツイートしようとしている人に警告を発しています。

同社は公式のTwitterサポートプロファイルを通じて変更を発表し、選挙、COVID-19、およびその他のデリケートなトピックに関する誤った情報を共有する人々の数を減らすことを目的としていると主張しました。

この対応により、誤解を招く情報の引用ツイートを29%削減するのに役立ちました。
現在、誤解を招くと思われるツイートをリツイートしようとすると、Twitterはその情報を本当に共有したいかどうかを尋ね、同じトピックについて会社が「信頼できる情報」と呼んでいるものも表示します。

虚偽または誤解を招くとラベル付けされたツイートのアラートも同様に機能します。ユーザーがラベル付きのツイートの「いいね」ボタンを押すと、ソーシャルネットワークはそのツイートが誤解を招くと見なされる理由を説明するアラートを表示します。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月24日 by M林檎