Apple Silicon M1 MacBook ProがCinebenchベンチマークで7508のマルチコアスコアを獲得

8コアCPU、8コアGPU、8GBのユニファイドメモリを搭載したM1 13インチMacBook ProのCinebench R23によるベンチマーク結果が公開されています。

Cinebenchは、Geekbench 5よりも集中的なマルチスレッドテストであり、長期間にわたってパフォーマンスをテストします。これにより、マシンが実際にどのように機能するかをより明確に把握できます。

M1 MacBook Proは、Cinebenchでマルチコア7508とシングルコアスコア1498を獲得しました。これは、Intelの第11世代チップの一部とパフォーマンスが類似しています。

比較すると、2.3GHz Corei9チップを搭載した2019 16インチMacBookP roは、先週リリースされた新しいCinebench R23アップデートでマシンのベンチマークを行ったMacRumorsの読者によると、8818のマルチコアスコアを獲得しました。2.6GHzのローエンド16インチMacBookProは、同じテストでシングルコアスコア1113とマルチコアスコア6912を獲得し、ハイエンドの前世代MacBookAirはシングルコアスコア1119を獲得しました。マルチコアスコアは4329です。

新しいM1Macは、ヘビーデューティーレンダリングタスク用ではない低パフォーマンスのマシンであることに注意してください。AppleはAppleシリコンチップを搭載したハイエンドのProマシンを計画していますが、Macのラインナップ全体をArmベースのチップに移行するには約2年かかると同社は述べています。‌MacBookAir‌のCinebenchスコアは、さらに高性能のMシリーズチップを搭載することが期待される将来のMacにとって良い結果です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年11月17日 by M林檎