Rosetta 2 x86をエミュレートするApple Silicon M1は、どのIntel Macよりも高速!

AppleのM1チップの最初のネイティブベンチマークが先週Geekbenchサイトに登場し、印象的なネイティブパフォーマンスを示しました。今日、Rosetta 2でx86をエミュレートするM1チップの新しいベンチマークが共有されました。

アップロードされた新しいRosetta 2のGeekbenchの結果は、8GBのRAMを搭載したMacBook Airで実行されているM1チップのシングルコアスコアとマルチコアスコアが、それぞれ1,313と5,888であることを示しています。

このバージョンのGeekbenchはAppleの翻訳レイヤーRosetta 2を介して実行されているため、パフォーマンスへの影響が予想されます。x86コードを実行しているRosetta 2は、ネイティブのApple Siliconコードのパフォーマンスの78%〜79%を達成しているようです。

パフォーマンスへの影響にもかかわらず、シングルコアのRosetta 2スコアの結果は、Intel Core i9-10910 @ 3.6GHzを搭載した2020 27インチiMacを含め、他のどのIntel Macよりも優れています。

M1を実行している「MacBook Air」の初期ベンチマークは、ネイティブで1,687のシングルコアスコアと7,433のマルチコアスコアを特徴としていました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年11月16日 by M林檎