手のひらが比較的小さい日本人に向いている「iPhone 12 mini」に注目!

通勤電車の中では、iPhoneでLINEを使っている人が多いのはmご存じの通り。その際の入力方法をみてみると、ほとんどが片手でのフィック入力です。

そこでiPhoneの中で意外に人気のあったのが、iPhone 5sの系譜をくむiPhone SE(第1世代)でした。低価格で小型で、手が小さい人で使い安野が人気でした。

しかし、iPhone SE(第1世代)もハードウェアの言外が来ています。そこで、iPhone SEユーザーが注目し、Appleも小型のiPhoneを求める人をターゲットにしたのが現在のiPhone 12 miniです。

そこでiPhone 12 miniと人気だったiPhone SE(第1世代)のサイズ等を比較すると以下の通りです。

iPhone 12 mini:131.5(高さ)×約64.2(幅)×7.4mm(厚み)4インチディスプレイ 重量約133g

iPhone SE(第1世代):123.8(高さ)×58.6(幅)×7.6mm(厚み)、5.4インチディプレイ 重量113g

以上を比較すると、サイズ的には、あまり変わらないのにホームボタンが無くスリムベゼルのiPhone 12 miniは、ディスプレイが大型化しています。

従って、それなりの早さと、それなりのカメラ性能に加えて、片手での操作を優先するならば、他のiPhone 12モデルよりも、iPhone 12 miniを選択するのがベストです。

Last Updated on 2020年11月11日 by M林檎