【Appleスペシャルイベント】Mac用のApple Siliconの名称は「M1」

Appleが、Mac用のApple Siliconの名称は「M1」であると発表しました。

M1は、統合メモリアーキテクチャ(UMA)を備えています。

M1は、ワットあたりのパフォーマンスを大幅に向上させます。M1を搭載したすべてのMacは、まったく異なるクラスの製品になります。

M1では、プロセッサ、IO、セキュリティ、メモリなどこれらが1つのシステムオンチップに統合されています。

これまでに1つのチップに搭載したトランジスタの最大数である160億個を搭載しています。GPU、GPU、およびその他のコンポーネントが直接利用できる低遅延メモリを使用します。

高性能コアと高効率コア(iPhoneやiPadなど)を組み合わせて使用​​します。5nmプロセス技術を使用して構築されています。

効率コアは、それ自体で、現世代のデュアルコアIntel MacBookAirと同様のパフォーマンスを提供します。

8コアGPUは、テラフロップスです。M1は、1秒あたり11兆回の操作が可能な16コア設計の最先端のニューラルエンジンを備えています。

Last Updated on 2020年11月11日 by M林檎