2021年発売のiPhone 13は、超広角カメラを搭載

信頼できるアナリストのMing-Chi Kuoは、iPhone13シリーズはiPhone12と同じ4つのサイズで構成されると主張しています。さらに2022年のモデルでは、ハイエンド携帯電話のUltraWideカメラが大幅にアップグレードされます。

Kuoが作成した投資家へのメモの中で、iPhone13シリーズには再び4つのモデルが表示されると述べています。4つのそれぞれは現在のiPhone12と同じサイズであると予想されます。

Kuoが正しければ、2つのハイエンド「iPhone13」モデルは、f /1.8と6Pの超広角レンズを備えています。現在の固定13mm焦点距離の代わりに、これには可変オートフォーカスが含まれます。

クオ氏によると、その改善は2022年の「iPhone14」シリーズでも維持される予定です。変更される可能性があるのは、これらのカメラのコンポーネントを提供するサプライヤーの組み合わせであり、Kuoは、Larganがレンズを動かす必要なボイスコイルモーターを製造すると予測しています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年11月8日 by M林檎