開発者から批判されるApp Storeの「Apple税」とは?

税金とは、課税者の権力が及ぶ配意にいることで、強制的に聴取されるお金のことです。日本国民ならば、消費税、所得税、住民前、固定資産税ほか、多数の税金を聴取されています。

さて、App Storeは、Appleが提供するアプリ販売のプラットフォームで、すべてをAppleが支配しています。従って、公開されるアプリは、すべてアプリは、レビューガイドラインに沿って、審査され、審査にパスしたアプリのみが、App Storeで公開される仕組みです。

このレビューガイドラインは、以前は、Appleの裁量部分が大きかったのですが、批判を浴び続ける内に徐々にAppleの自由裁量の余地が減らされてきた経緯があります。

さらにAppleは、公開されるアプリには、販売価格の30パーセントの手数料を課しています。これが、Apple税と呼ばれているApp StoreにおけるAppleの収入減です。

この手数料徴収で、特に批判されているのが、サブスクリプションまでに30パーセントの手数料を課していることです。

従って、開発者は、サブスクリプションアプリを公開すると、毎月サブスクリプション収入の30パーセントをAppleに持って行かれます。これは人気アプリになると莫大な金額です。

これ反旗を翻したのが、エピックゲームズで、人気ゲームのフォートナイトで、App Storeを通さずに課金できるようにしたため、Appleと対立し、アプリは公開停止となりました。

さらにMicrosoftも。Apple税を批判する一大勢力です。Microsoftにとって、今やWord、Excel、PowerPointなどをバンドルしたサブスクリプションのOffice365は、大きな収入湯減です。

しかし、これをマックユーザ向けにMac App Storeで公開すれば、毎月30パーセントの手数料を3Appleに徴収されます。

Last Updated on 2020年10月31日 by M林檎