Apple Silicon iMac、デスクトップ用のA「A14T」チップを搭載し2021年前半に登場!?

中国語の新聞、中時新聞網によると、Apple Siliconを搭載した最初のiMacは来年の前半に到着する予定で、デスクトップクラスの「A14T」チップを搭載する予定です。

コードネーム「Mt.Jade」とされるAppleの最初のカスタムメイドのデスクトッププロセッサは、TSMCの5ナノメートルプロセスを使用して製造されているコードネーム「Lifuka」で、最初の自社開発GPUとともに提供される見込みです。

研究開発コード名「Mt.Jade」での最初のデスクトッププロセッサA14TもA14と同様にTSMCの5ナノメートルプロセスを使用して製造されます。

AppleのアナリストMing-ChiKuoは、ARMアーキテクチャのチップを採用した最初のMacモデルは13.3インチMacBook Proとフォームファクターが再設計された24インチiMacになると予測しています。

今日のレポートはまた、AppleがTSMCの5nm拡張(N5P)プロセスを使用してA15シリーズチップの開発をすでに開始していると主張しています。A15は来年の「iPhone13」に搭載されるA15Xのほか、デスクトップ用のA15Tとして識別される修正バージョンは、第2世代のiMacに搭載される見込みです。

Appleは、年末までに最初のARMアーキテクチャのMacをデビューさせると発表しており、11月のイベントが11月17日(現地時間)に行われると噂されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年10月27日 by M林檎