iFixit、Apple Watch Series 6を分解!より薄いケース、大きなバッテリー、より大きなTapticエンジン

iFixitは、GPSとLTEを備えた新しいApple Watch Series 6を分解しました。新しいシリーズ6モデルは外観的にはシリーズ5モデルと非常によく似ていますが、血中酸素モニタリングなどの新機能をサポートするために、内部の修正がかなり行われていることがわかります。

新しいApple Watchは、分解する際、横向きに開けるように変更されています。内部のフォースタッチが削除されて、フォースタッチガスケットコンポーネントはありません。iFixitはまた、より簡単な修理を提供するより合理化された設計のために、より少ないケーブルがあります。

Appleは、44mmのApple Watch 6Apple Watchで1.17Whバッテリーを使用しています。これは、前世代のApple Watchシリーズ5で使用されていたバッテリーよりもわずかに(3.5%)増加していいます。バッテリー持続時間は、以前のモデルと同じ18時間です。iFixitも検討した40mmモデルの容量は1.024Whで、40mmは、前モデルより8.5%増加しています。

Apple Watch Series 6には大型のTaptic Engineがあり、フレームは接着剤用の狭いリップに変更されています。この微調整とForce Touchの削除により、今年のモデルは少し薄くなっています(10.4mm対10.74mm)。

ディスプレイはケーシングの上部に固定され、センサーアレイは血液酸素モニタリング用の新しいセンサーで更新され、下部に固定されます。
の焦点を当てています。

Apple Watch Series 6は、画面の交換とバッテリーの交換が簡単になったため、最終的に修理可能性スコアが10点中6点を獲得しました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月22日 by M林檎