Apple、iPad・MacノートブックラインナップでのミニLEDディスプレイの採用を加速

アナリストの、Ming-Chi Kuo(郭明錤)によると、Appleは、iPad・MacBookシリーズへのミニLEDディスプレイの採用を加速するとのことです。

供給能力の増加とサプライヤ間の競争により、ミニLEDディスプレイダイのAppleのコストは75〜85ドルから45ドル程度に下落すると伝えられています。その結果、Kuo氏は、2021年のiPadの出荷の約30〜40%、MacBookの出荷の20〜30%にミニLEDテクノロジーが採用されると予想しています。

ミニLED製品を搭載の製品には、12.9インチのiPad Pro、27インチのiMac Pro、14.1インチのMacBook Pro、16インチのMacBook Pro、10.2インチのiPad、および7.9インチのiPad miniが含まれます。

ミニLEDディスプレイは、従来のLEDベースのディスプレイと比較して、より深い、より暗い黒、より明るい、豊かな色彩、良いコントラストを提供できますが、当面のコストは大幅に増加します。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月22日 by M林檎