iMac(Retina 5K、27インチ、2020)は、性能向上と共に消費電力が増加!

発売されたばかりのiMac(Retina 5K、27インチ、2020)は、性能向上と共に消費電力が増加しています。

Appleのサポートページに狡獪さている情報によると全モデルに比べて、最大消費電力が33W増加の295W、アイデル状態の熱出力は242 BTU /hから252 BTU /hへと増加しています。

iMac(Retina 5K、27インチ、2020)
27インチRetina 5Kディスプレイ、3.6 GHz 10コアi9、128 GB 2666 MHz DDR4 SDRAM、8 TBソリッドステートドライブ、16 GBメモリ搭載AMD Radeon Pro 5700 XT
消費電力熱出力
アイドルCPU最大アイドルCPU最大
74W295W252 BTU /h1007 BTU /h
iMac(Retina 5K、27インチ、2019)
27インチRetina 5Kディスプレイ、3.6GHz Intel 8-Core i9、64GB 2666MHz DDR4 SDRAM、3TB Fusion Drive、AMD Radeon Pro Vega 48、8GBメモリ
消費電力熱出力
アイドルCPU最大アイドルCPU最大
71W262 W242 BTU /h895 BTU /h

これはIntel製CPUやグラフィックスの消費電力が上がったためだと考えられます。

しかし、今後Apple Silicon Macになると消費電力や熱出力は。大幅に低下することが予想されます。

→iMac power consumption and thermal output

Last Updated on 2020年8月7日 by M林檎