Apple、ARM Mac(Apple Silicon搭載)を年内に発売と発表!

Appleは、MacのIntel CPUから、ARMアーキテクチャに基づく独自の設計のシリコン(Apple Silicon)に切り替える計画を発表しました。

Appleは、年末までに最初のARM Macを出荷し、Intel→ARMへの移行を2年以内に完了すると述べました。

AppleのSoC(システムオンチップ)は、カスタムCPU、GPU、SSDコントローラー、および他の多くのコンポーネントを組み合わせます。

Appleシリコンには、機械学習アプリケーション用のニューラルエンジンが含まれます。

Appleは、macOS Big Surにより、すでに独自のアプリケーションを更新して、Final Cut Proを含む新しいAppleチップをネイティブでサポートしています。

サードパーティの開発者は、新しいバージョンのXcodeでアプリを再コンパイルすることで簡単に移行できます。

Appleは、AdobeやMicrosoftを含む主要パートナーがすでに多くのアプリをARMで実行していると発表しました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年7月14日 by M林檎