Apple、新しい内部USB-C診断ツールを導入

Appleサポートは、既存のシリアル番号リーダーの後継として新しい内部USB-C診断ツールを導入しています。これは、ロジックボードからデバイスのシリアル番号を直接収集したり、デバイス自体の電源をテストしたりするために使用できます。

以前利用可能だったLightningバージョンのみで、新しいツールは、2018年からUSB-CベースのAppleのiPad Proラインアップとの互換性のために作成されました。

Appleはサービスプロバイダーに、Apple Service Toolkit 2診断システムが更新され、新しいUSB-C診断ツールを使用して、第1世代の11インチiPad Proおよび第3世代の12.9インチiPad ProのHDIシリアル番号リーダーをサポートするようになったことを通知しました。

最新の第2世代の11インチモデルと第4世代の12.9インチモデルのサポートは後日行われます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年6月1日 by M林檎