ミニLEDディスプレイを搭載した5G iPad Pro、来年に遅れる可能性!

台湾の経済日報によると、コロナウイルスのサプライチェーンの混乱の結果として、Appleは最初の5G iPad Proのリリースを2021年に延期したとのことです。

5G iPad Proは、5Gセルラーネットワーキングと新しいミニLEDスクリーンテクノロジーを備えた次世代のiPad Proであると期待されていました。 Appleはすでにこの3月にLiDARスキャナーや超広角カメラなどの機能でiPad Proを一新したが、噂は秋に来る2番目のアップデートに向けられていました。

2020年初頭のiPad Proプロセッサーは2018年のモデルと比較して変更されていませんでしたが、この新しいモデルは、そのチップに次期5nm A14アーキテクチャーを採用する予定でした。

しかし、この最新のサプライチェーンレポートは、年に2回のiPad Proの更新がもはや行われていないことを示唆しています。代わりに、A14対応の5G iPad Proは2021年初頭に発売されました。

(via 9 to 5 Mac