HomePodのOS(ファームウェア)、iOSベースからtvOSベースに移行!

Appleは3月、iOS 13.4とtvOS 13.4のリリースに加えて、HomePod用に設計された新しい13.4ソフトウェアをリリースしました。 9to5Macは最近「HomePod」コードを調べ、Appleが新しいソフトウェアで変更を加えたと述べています。

これにより「HomePod」オペレーティングシステムはiOSではなくtvOSに基づいているようになりました。

watchOS、tvOS、および「HomePod」で実行されるソフトウェアはすべてiOSのバリアントですが、それぞれが、ソフトウェアが実行されるデバイス用に作成された微調整によって区別され、独自のインターフェイス、APIなどを備えています。

「HomePod」ソフトウェアをtvOSベースに移行すると、Appleの作業を節約できる可能性があります。これは、Apple TVと「HomePod」の両方が常時接続のデバイスであり、電源に接続されており、 どちらのデバイスもHomeKitのホームハブとしても動作します。これも、2つがコードを共有する主な理由になる可能性があります。

iOS 14では、「iPadAir 2」や「iPadmini 4」などのA8チップを搭載したデバイスのサポートを終了する可能性があり、「HomePod」にはA8チップが搭載されています。 「iOS 14」でのサポートが終了する可能性があるため、tvOSベースに切り替え、Appleは「HomePod」のOS更新をし続けることができます。

(via 9 to 5 Mac