Apple、コロナウィルス蔓延の影響でiPhone 12の発売を遅らせることを検討!

Appleが、コロナウィルス蔓延の影響でiPhone 12の発売を遅らせることを検討しているようです。

理由は、消費マインドが低下している中で無理にiPhone 12を発売することを懸念しています。Appleは、初めて5Gを搭載するiPhone 12のヒットを必要としているため、中途半端な時期での発売に懸念を抱いています。

Appleは、米国とヨーロッパでの集団発生の状況により、遅延が必要かどうかを評価しています。Appleはおそらく、従業員の自宅での作業が解除される5月頃まで、発売のタイムテーブルの最終決定を行わない模様です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年3月26日 by M林檎