Adobe、「Adobe Photoshop」をバージョン1.1にアップデート!「被写体を選択」が新機能

Adobeが、「Adobe Photoshop」をバージョン1.1にアップデートしています。このアプリはiPad専用です、

以下が新機能等です。

「被写体を選択」の新機能の一部をご紹介します。「被写体を選択」はAdobe Senseiを利用したAIツールです。このツールを使って、ワンタップで被写体を正確に選択してワークフローをスピーディーかつシンプルにできるようこれまで取り組んできました。Photoshopの操作性を高いレベルで維持するために、多数のバグ修正も実施しています。今回の更新とバグ修正の内容は以下のとおりです。

– 「被写体を選択」が選択ツールメニューから利用できるようになりました。選択ツールを長押しするかダブルタップして「被写体を選択」をタップするだけで、自動的にレイヤーのメインの被写体を正確に選択することができます。

– クラウドドキュメントが大幅に改善され、ファイルのアップロードとダウンロードが最適化されました。Photoshopでクラウドドキュメントを開いたときの
スピードに改善が見込めます。

– アプリのダークモード設定をiPadOSの設定と連携できるようになりました。

– 以下を含む、頻発するバグの多くは即座に対応し、修正済みです。

○ UI:レイヤーのサムネール、消えてしまうポップオーバー、オフライン時の更新、ツールオプションの問題に対処するために、UI を微調整
○ ブラシ:マスク時に意図しない修正ブラシが表示される、または意図したときに修正ブラシが表示されない問題を修正
○ 画像の配置:フォルダーと問題なく同期できるようにCCライブラリを更新し、Adobe Stockのライセンス取得済み写真と透かしに関する問題を修正
○ テキスト処理:大文字処理に関する問題と、新規レイヤーと日本語テキストでの「やり直し」操作に関する問題を修正
○ 入力:キーボードとUIのバグに対処するために、ぼかし(ガウス)とショートカットツールを更新
○ その他:ファイルを開く際にクラッシュ引き起こす問題、適切な画像サイズの問題、画面分割表示のUIバグに対処

App Store → Adobe Photoshop