Apple、2021年にLightningコネクタなしの「完全ワイヤレスiPhone」とTouch ID電源ボタン付きの「iPhone SE 2 Plus」を発売

アナリストのMing-Chi Kuoの新しい予測によると、2021年後半にLightningコネクタなしのハイエンドiPhoneを発売する予定です。このデバイスはおそらく「完全なワイヤレス体験」を提供し、AppleはUSB-Cに切り替えるのではなく、ポートを完全にドロップすることを示唆しています。

Appleは、ハイエンドモデルとハイエンドモデルをさらに差別化する計画です。新しいiPhoneモデルの中で、ハイエンドモデルはLightningポートをキャンセルし、完全なワイヤレス体験を提供する見込みです。

Kuo氏は、2021年以前にAppleがフルスクリーンデザインでFace IDを持たないいわゆる「iPhone SE 2 Plus」を発売することを期待しており、その結果、わずかなノッチしか生じません。 Kuoによると、代わりにTouch IDが電源ボタンに組み込まれます。

Appleは2021年前半期にiPhone SE2 Plusを発売します。表示サイズは5.5または6.1インチになると予想されます。このモデルはフルスクリーンデザインを採用します。 Face IDがサポートされていないため、ノッチ領域は小さくなります。 Touch IDは、側面にある電源ボタンと統合されます。

(via MacRumors