Apple、iOSなどのバグ減少のため、ソフトウェア開発プロセスを見直し

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、AppleはiOS、macOS、watchOS、tvOSの開発とテストの方法を全面的に見直し、新しいアプローチで長期にわたって各ソフトウェアプラットフォームの品質を向上させる計画です。

このレポートでは、新しい戦略が来年のリリースに先立ってiOS 14の開発にすでに適用されていると主張しています。シフトはiOS 13のバグのあるリリース後に行われます。iOS13は過去2か月間にバグ修正と遅延機能を備えた8つのアップデートを既に受け取っており、その期間中は通常よりも多くなっています。

新しいプロセスでは、Appleが「フラグ」を実装し、会社のソフトウェアエンジニアが未完成またはバグのある機能を個別に有効または無効にして、全体的な安定性が損なわれないようにします。フラグは、GoogleやMicrosoftなどの他のハイテク企業ですでに一般的に使用されています。

Appleは、アップデートの安定性を高める取り組みの一環として、iOS 14の一部の機能を2021年まで遅らせることも検討していると報告しています。 AppleはiOS 12でも同様のアプローチをとっていると考えられており、一部の機能は「iOS 13」まで延期されたため、iOS 12はかなり安定したアップデートになりました。

AppleのソフトウェアエンジニアリングチーフであるCraig Federighiが率いる従業員との最近の会議で、変更が発表されたと伝えられています。

(via MacRumors