Apple、iOS 13.1及びiPadOS 13.1 beta 1[Build 17A5821e] を開発者に公開!

Appleが、iOS 13.1及びiPadOS 13.1 beta 1[Build 17A5821e] を開発者に公開しています。

確認されている新機能は以下の通りです。

ショートカットオートメーション、iOS 13で削除されたショートカット機能であるオートメーションは、iOS 13.1で返されました。オートメーションを使用すると、ショートカットアプリからパーソナルオートメーションとホームオートメーションを作成して、特定の条件が発生したときに特定のアクションを実行できます。

-ETAの共有、ETA(到着時刻)の共有がマップアプリに戻りました。特定の場所への道順が入力されると、ユーザーは到着予定時刻を友人や家族と共有できます。

-動的な壁紙、Appleは、利用可能な動的な壁紙にいくつかの調整を加え、それらの一部の全体的な外観と色を変更しました。以前はiPhone X以降に限定されていた動的な壁紙も、古いデバイスで使用できるようになりました。

-AirPodsの音量インジケーター、AirPodsを接続した状態でiPhoneの音量を調整すると、音量バーにAirPodsアイコンが表示されます。

-新しいHomeKitアイコン、HomeアプリのHomeKitデバイスは、iOS 13ベータ1のより詳細なアイコンに更新されました。これらの同じアイコンが最新のmacOS Catalinaベータに追加されました。

-マウスサポートの改善、開発者Steve Troughton-Smithによると、マウスの右クリック機能をiOSデバイスの3Dタッチ/長押しアクションにマッピングできるようになりました。 iOS 13およびiPadOSでのマウスサポートは、アクセシビリティオプションとして利用できます。

-TestFlightインジケーター、AppleのTestFlightアプリ(ベータ版のアプリ)を介してインストールしたアプリは、その横に明るい黄色のドットが表示されるようになり、以前よりも見やすくなりました。

-HEVCの改善、Jeremy Horwitz氏によると、iOS 13.1にはアルファチャネル付きのHEVCビデオエンコーディングが追加され、グリーンスクリーンスタイルの合成が容易になりました。

-フォント、iOS 13には、App Storeからフォントをダウンロードしてインストールする機能があります。 iOS 13ベータ1では、一般>フォントを開くと、ユーザーをApp Storeに誘導する新しいテキストがあります。 フォントアプリはまだありませんが、おそらく将来的には、このオプションはフォント用の特定のアプリにリンクするでしょう。

-読書目標、ブックの下の設定アプリに、iOS 13の読書目標機能にPDFの読書に費やされた時間を含めるための新しいトグルがあります。

-Nike-iPhoneのApple Watchアプリでは、Nike + Run Clubが「Nike Run Club」になりました。これは、NikeとAppleが「+」ブランドを削除しました。

Apple Watchアプリ、iPhoneのApple Watchアプリでは、Display&Text SizeがDisplay&Brightnessに名前が変更されました。

(via MacRumors