Apple、iPhone同士の「トランシーバー」機能開発を中止!

Appleは、スキーやハイキングなど、携帯電話が通話できない場所で、iPhoneユーザーが互いに通信できるようにする「トランシーバー」機能を開発していましたが、The Informationによると開発を中止したようです。

Appleは、このプロジェクトでIntelと協力しており、iPhoneユーザーがセルラーネットワークを迂回する長距離電波を利用して他のiPhoneユーザーに直接メッセージを送受信できるようにする計画でした。

この機能は、Wi-Fiまたはセルラー接続に依存するApple Watchのトランシーバー機能とは、異なりますが、この機能は、Intelモデムに依存しており、Appleは2020年から再びiPhoneでQualcommモデムの使用を開始することになっているため、開発を中止したと考えられます。

(via MacRumors