2020年発売のiPhoneには、TOF(Time-of-Flight)3Dセンシングカメラを搭載!?

AppleアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2020年に発売予定の2台のiPhoneには、TOF(Time-of-Flight)3Dセンシングリアカメラが搭載されるとのことです。

3つの新iPhoneモデルにはすべて前面のFace IDが装備され、2つの新しいモデルにはリアにはToFが搭載される予定です。フロントとリアのVCSEL(フロント構造ライトとリアToF)を搭載したiPhoneモデルの出荷台数は、2020年には45百万台になると推定しています。

フォー音とのTrue Depthカメラシステムで使用されている現在の3Dセンシング機能は3D画像を作成するために赤外線カメラとドットプロジェクターを利用しますが、TOF(Time-of-Flight)は、レーザーの反射時間で距離を測定し、3次元情報を計測するカメラで、これによりAR(拡張現実)の機能が強化され、ARアプリの発展に貢献します。

(via MacRumors