最新のmacOS Mojave 10.14.6でGatekeeper(ゲートキーパー)の脆弱性が修正される!

セキュリティ研究者のFilippo Cavallarin氏が、Gatekeeper(ゲートキーパー)を回避する方法を発見し5月に明らかにしています。

この脆弱性は、Gatekeeperは外付けドライブとネットワーク共有の両方を安全な場所と見なしていることで、これらの場所に含まれるすべてのアプリケーションは、実行できるということです。

このバグについては、Appleも把握していて、修正に取り組んでいました。

今回のmacOS Mojave 10.14.6で、このGatekeeper(ゲートキーパー)を回避できる脆弱性が修正されました。

Gatekeeperの脆弱性の記事は以下の通りです。