Apple、2020年のiPhoneで60Hz / 120Hzの可変リフレッシュレートスクリーンを採用!?

Samsungの情報に詳しい@UniverseIceによると、Appleは2020年発売のiPhoneで60Hz / 120Hzの切り替え可能なリフレッシュレートスクリーン搭載を検討しており、SamsungとLGとそれに協議しているとのことです。

Appleは、すでにiPad Proモデルで可変リフレッシュレートテクノロジを使用しています。ただ、それはOLEDではなくLCDパネルを使用しています。iPhoneは、iPhone XからOLEDディスプレイになっているため、可変リフレッシュレートのOLEDディスプレイを搭載することになります。

AppleはiPad Proのこの技術を「ProMotion」と呼んでおり、コンテンツの動きに合わせてディスプレイのリフレッシュレートをを動的に調整します。これによりバッテリー持続時間も向上します。

(via MacRumors