Apple、iPhone(2020)向けの3D​​センシングリアカメラコンポーネントの準備をサプライヤーに依頼!

Appleが、iPhone(2020)向けのPhone用の3D​​センシングリアカメラコンポーネントの準備をサプライヤーに依頼したことがサプライチェーンからの情報で分かりました。

Appleは自社のサプライチェーンパートナーに、2020年に発売されるモバイル機器のリアTOFカメラレンズに使用するためのVCSELコンポーネントの供給準備を依頼したということです。

このコンポーネントにより、物体との距離を測定することができ、2020年モデルのリアカメラででは、約5メートルの測定が可能となります。ちなみに現在のフロントTrueDepthカメラは、25〜50センチメートルの距離しか測定できません。

(via MacRumors