新MacBook Air、販売価格を下げるために遅いSSDを使用!?

フランスのサイト、ConsomacによるBlackmagic Disk Speedを使ったベンチマークテストによると、新MacBook Air(2019)の新しいSSDの読み取り速度が遅いことを発見したとのことです。

256GBのストレージを搭載したMacBook Air(2019 )のテストでは、1GB /秒の書き込み速度と1.3GB /秒の読み取り速度がテストされました。

それに対して、2018年にリリースされた同等モデルは920MB / sの書き込み速度と2GB / sの読み取り速度でした。書き込み速度は旧式のマシンとほぼ同等ですが、読み取り速度は35パーセントも低下しています

Consomacはまた、128GB 2019 MacBook Airで500MB / sの書き込み速度と1.3GB / sの読み取り速度をテストしましたが、このマシンも読み取りと書き込みのパフォーマンスに大きな違いがありました。

MacBook Air(2019)は、アップデートされたTrue Toneディスプレイと低価格を特徴としています。 MacBook Airは、現在、米国内で999ドルで販売されています。

このテストから推測すると、Appleは、MacBook Air(2019)の価格を下げるためにわざと遅くて価格の安いSSDを搭載した可能性があります。

(via MacRumors