アップデートされたばかりの新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」も「キーボード修理プログラム」の対象!

昨夜アップデートされたばかりの新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」のエントリーモデルも「キーボード修理プログラム」の対象となっていることが分かりました。

両モデルとも第3世代のバタフライ式キーボードを搭載し、問題が平原していますが、いまだにこのキーボードは、ごく一部のユーザーで、「文字が勝手に反復入力される」「文字が表示されない」「押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない」といった症状が出ています。

Appleは、すでに近い将来のMacBook AirとMacBook Proで、以前のようなパンタグラフ式のザーキーボードを採用する計画です。

(via MacRumors