対韓規制強化を受けてOLEDディスプレイサプライヤーに中国のBOEテクノロジーを追加!?

台湾のDigitimesによると、日本による対韓規制強化を受け、Samsung DisplayのOLEDディスプレイの供給が減ると予想されるため、Appleは中国のBOEテクノロジーを新たにサプライヤーに追加する可能性があるとのことです。

現在、スマートフォン向けのOLEDディスプレイは、Samsungが90%以上のシェアを持っており、規制強化により、Appleへの供給減少が懸念されています。

日本が規制強化したフッ素ポリイミドは、テレビやスマートフォン用のOLEDスクリーンの製造に使用されています。

BOEテクノロジーは、2020年からフレキシブルOLEDパネルを生産する予定です