iOS 13 、FaceTimeを利用するユーザーの目がカメラを見ているようにARKitを使って自動補正

通常、FaceTimeを利用するユーザーは、相手の顔を見るためにディスプレイを見ています。
そうすると相手からは、カメラを直視していなために目が下方を見ているように見えます。

これについてAppleが、最新のiOS 13 beta 3で、ARKitを使った「FaceTime Attention Correction」という機能によって、ユーザーの顔を自動補正しているとのことです。

これによって、FaceTimeの利用ユーザー同士が、アイコンタクトによって、現実の対面のように会話を行うことができます。

なお、この機能がどのように実装されているのか分かっていません。

(via 9 to 5 Mac