「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」対象Macの危険な画像

「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」で、Appleはバッテリーが「過熱して火災の危険をもたらす可能性がある」と説明しています。

フロリダ週のデザイナー、スティーブン・ガニエ氏はによると、実際に6月17日、彼のMacBook Proのバッテリーが発火しました。バッテリーが火を吹いて部屋が煙でいっぱいになったと述べ、爆発の音と強い化学物質と燃えるような匂いがしたとのことです。(via AppleInsider

問題は、同氏のMacBook Proが積極的に使用されていなかったことです。彼はそれがコーヒーテーブルの上に「スクリーンを閉じて、プラグを抜いて、そしてスリープモードで置いていた」と主張しています。同氏は、通常ならばMacBook Proがノートブックや雑誌の入ったかごの中、またはソファの上に置かれていたため、もっと多くの損害をもたらす可能性があったと述べています。

以下は、自主回収プログラムに関する記事です。対象のMacBook Proをお持ちの方は、早く修理に出した方が安全です。