「どこでも My Mac」(離れた場所からリモート操作できるiCloud機能)のサービスが終了!

「どこでも My Mac」(離れた場所からリモート操作できるiCloud機能)のサービスが、本日(7月1日)終了しました。

全macOSで利用できなくなると公式ドキュメントでアナウンスしています。

「どこでも My Mac」は、2007年にMac OS X 10.5 Lepardの新機能等して搭載され、画面共有、ファイル共有などリモートデスクトップと同様の機能を提供し、その後、iCloudの登場で、iCloudに登録されたMac同士で利用できました。しかし、macOS Mojave以降でが利用できないことから、macOS Catalina公開前にサービスを停止したようです。

Appleは、「どこでも My Mac」機能が必要な場合は、Apple Remote Desktopに移行することを勧めています。

Last Updated on 2019年7月1日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です