Apple、WWDC 2019でiTunesの廃止を発表予定!

BloombergによるとAppleが、WWDC 2019でmacOSのiTunes廃止を発表するとのことです。

WWDC 2019(世界開発者会議)は、日本時間の6月4日午前2時の基調講演から始まります。

毎年、このイベントでは次期iOSやmacOSなどのソフトウェアに関する発表が行われます。

今回の基調講演では、iOS 13、macOS 10.15、iPhoneからの独立性を高めたApple Watch(watchOS)、ラップトップPCの必要性を減らすiPad、健康管理やARなどの発表が行われる模様です。

注目は、20年館続いたiTunesの終焉です。このアプリの代わりに機能別に「ミュージック」「Podcast」「TV」アプリがリリースされます。

iTunesが持っていたiPhoneやiPadのバックアップ機能は「ミュージック」が提供することになります。

Last Updated on 2019年6月1日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です