Apple、秘密のラボで、セキュリティープロセッサー「Secure Enclave」の徹底的なテストを実施!

Appleが、秘密のラボで、iPhoneなどに搭載されているAシリーズのチップ内部に含まれているセキュリティープロセッサー「Secure Enclave」の徹底的なテストを実施しています。

The Independentによると、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当バイスプレジデント、Craig Federighi氏へのインタビューを報じています。

チップがストレステストされているときの目的は、チップが極端なシナリオで誤動作していないかどうかを確認することです。あらゆる種類の不正行為がデバイスに致命的な影響を及ぼす可能性があります。

所有者が-40℃まで冷やしたり、110℃にまで加熱したりするような環境や電話が殴打されることはありそうもないかもしれません。

しかし、ここの種のプレッシャーの下でチップが安全でないことが判明した場合、悪意のあるハッカーはすぐにそれを介して個人データを入手しようとします。

Federighi氏は、データの漏洩について、データが傍受されても暗号化されているため、誰かが実際にデータ自体を格納しているディスクドライブを持っていても、それを読み取ることができないと述べています。

たとえば、iMessagesを送受信している2人のユーザーだけがそれらを読み取ることができます。したがって、セキュリティが機能する場合は、中国のサーバーを介して送信されるという事実は関係ありません。

第3者が見ることができるのは、ロックを解除するために特別なキーを必要とする文字化けしたメッセージだけだとのことです。

(via 9 to 5 Mac