Mac搭載のIntelプロセッサに脆弱性、macOSを最新にアップデートすることが必要!

IMac搭載のntelプロセッサに脆弱性をもららす「ZombieLoad」は、Intel製プロセッサが持つ4つのバグを狙ったサイドチャネル攻撃です。

この脆弱性は、ドイツのグラーツ工科大学とベルギーのルーベン・カトリック大学のセキュリティ研究者グループが脆弱性を発見し、Intelに報告していました。

「ZombieLoad」の攻撃を受けた場合、プロセッサがアクセスしたブラウザの履歴、ユーザーIDとパスワード、ディスク暗号化のキーなどが、悪意の第3者に盗み取られる危険性があります。

「ZombieLoad」の影響を受けるのは、2011年以降のIntel製プロセッサを搭載したコンピュータです。

この脆弱性への対応は、Mojaveが、最新のmacOS 10.14.5へのアップデート、旧バージョンについても最新のアップデートを適用することが必要です。

→Download macOS Mojave 10.14.5 Combo Update

→Download Security Update 2019-003 (High Sierra)

(via iPhoneMania