Appleが挑戦する教育のリワイヤリング(接続のやり直し)を明らかにするKindle本「Appleのデジタル教育」1,700円

元AppleのCEOで共同創業者のスティーブ・ジョブス氏は、世界を変えるために色々なアイデアを思いついた。しかし、彼が一貫して興味を持っていたのは、教育分野での改革で、デジタルデバイスやソフトウェアによって、子供たちの潜在性を最大限に発揮させることだっった。

だからジョブズは、教育現場へiPadを持ち込み、プログラミング、アート、音楽などに簡単に取り組めるようにした。

本書では、以下の最新事例を紹介している。

・学習のパーソナライズ化
・コーディングの学び方
・アダプティブラーニングの導入法
・バーチャルアシスタントの活用法
・AI/・AR/・IoTの活用例
・ホログラムの可能性等

ジョブズ氏は、教育分野に革命を起こしたかった。その精神は、現在のAppleにも受け継がれている。

Last Updated on 2019年5月14日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。