iPad、ついにマウス対応か?

開発者のTroughton-Smith氏によると、Appleは、iOSの開発者向けのインターフェイス開発キットのUIKitが、マウスをサポートする様々なAPIを導入していると述べています。

ただし、完全にiOSが マウス利用を前提に最適化されるのではなく、マウスがiPadで利用できるということです。

with UIKit adopting all kinds of API for mouse support for the Mac, it makes a ton of sense to let that be leveraged on iPad too if somebody has a mouse connected. Not changing the OS for anybody using touch, but adding functionality for those who choose, or need it

— Steve Troughton-Smith (@stroughtonsmith) April 22, 2019

これが何を意味するのかは不明ですが、アクセシビリティでの利用を前提としているのかもしれません。

もっと想像するならば、Appleが新しいiPad用のマウスを開発しているのでは?と思ってしまいます。

新たにマウスを発明するとなれば良いのですが!

(via gori.me)