iFixit、「iPad mini (第5世代)」の分解レポートを公開!「A12 Bionic」チップを搭載

分解修理で有名なiFixitが、発売されたばかりの「iPad mini (第5世代)」の分解レポートを公開しています。

iPhone XSと同じく、A12 Bionicチップを搭載。RAMは3GB、True Toneディスプレイのセンサー搭載、マイクは位置が変更されています。また、初代の「Apple Pencil」が利用可能となっています。

セルラーモデルはギガビットLTE、eSIMをサポートしています。

修理可能スコアは、10ポイント中2ポイントと、ほとんど修理不能です。

今回のアップデートは、新ユーザーを取り込むと言うより、これまでのiPad miniユーザーの買い換えを促すのがメインのような堅実なアップデートです。

→iFixit

Last Updated on 2019年4月3日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です