Appleのサプライヤー、新iPadとAirPods 2の量産準備を開始!

台湾のDigitimesによると、Appleのサプライヤーが、新iPadとAirPods 2の量産準備を開始したとのことです。

InterconnectとZhen Ding Technologyは、Appleの次世代iPadデバイスの量産に向けて準備を進めており、Compeq ManufacturingとUnitech PCBは、今後のAirPodにリジッドフレックスボードを供給するとのことです。

発売は3月25日のスペシャルイベントにあわせて行われます。

エントリーレベルのiPadのディスプレイが9.7インチから10.2インチに拡大するとの噂が出ていますが、今回のアップデートでFace IDは期待できないようです。

最新のAirPodsには、AirPowerマットを使用するためのワイヤレス充電ケース、および「Hey Siri」サポート、そしておそらく新しいヘルスモニタリング機能、「グリッピー」な質感、さらには新しいブラックカラーオプションなどのアップグレードも含まれます。

(via MacRumors

以下は、新iPadのディスプレイサイズに関する記事です。