Apple、2019年度第1四半期(2018年10-12月期)の決算を発表!iPhoneの収益15%減少

Appleは本日、2018年12月29日を末日とする2019年第1四半期の業績を発表しました。

カンファレンスコールでは、iPhone販売不振の原因として、米ドル高により、アップル製品は世界中でより高価になったこと、日本での販売補助金が規制されたことやバッテリー交換プログラムなどをあげています。

以下が決算の概要です。

当四半期の売上高は843億ドルと、前年同期と比べて5%減少、当四半期の希薄化後の1株当たり利益は4.18ドルと、7.5%アップとなりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は62%でした。

iPhoneからの収益は対前年同期比で15パーセント減少しましたが、サービス収入は過去最高の109億ドルと対前年同期比で19%増加しました。

「収益の見通しを見逃していたのは残念でしたが、Appleは長期のスパンでマネジメントしています。当社のアクディブなデバイスは、第1四半期に過去最高の14億に達し、それぞれの地域で成長しました。これは、お客様の満足と忠誠心を証明するものであり、急成長を遂げている大規模なエコシステムのおかげで、サービスビジネスを新しい記録へと導いています。」と Apple CEOのTim Cook氏が述べています。

「当四半期中に、配当と自社株買いを通じて、130億ドル以上を投資家に還元しました。当四半期末における当社の純現金残高は1,300億ドルであり、当社は経時的に純現金中立的ポジションを引き続き目標としています。」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ·マエストリは述べています。

Appleは2018年度第1四半期の業績について、以下の予想を提供しています。

550億ドルから590億ドルの間の収益
売上総利益率は37〜38パーセント
営業費用は85億ドルから86億ドル
その他の収入/(費用)3億ドル
約17パーセントの税率